カロリー摂取と消費に気を付けてダイエット

私のダイエット方法はカロリーの摂取と消費に気を付けることです。もちろん基本はカロリーの摂取を控えて、消費を増やせば良いのですが、そんなに簡単にいかないのが現実なのです。無理をすれば必ずダメージが体にきますので、あまりストイックにならずに気軽にやることがお勧めです。ではどのようなことを実践しているのかと言いますと、まずカロリーの摂取なのですが、朝昼晩の食事のバランスを考えています。どうしても夕食が中心になりがちですけれど、朝食に比較的カロリーのあるものを食べています。一日の始まりに必要なカロリーを補給して、日中に消費するのが理想であると考えています。夕食はこれから体がリラックスをするのを待っていますから、そこに必要以上のカロリーを摂取するのは体に負担をかけることになります。それと、就寝前の3時間はできるだけ何も食べないことです。必要な水分だけを取り、寝るための最適な環境に体をしていきます。次にカロリーの消費面ですが、私は営業職をしており、日中からりの歩数を歩いています。できるだけカロリーを消費するために少し早足で歩くように心掛けています。通常のスピードで歩くのと、少し早足で歩くのとでは、かなりカロリーの消費量が違ってきますので、折角のウォーキングも効果のある方法を心掛けるのが良いと思います。帰宅後は足が疲れていることが多いので、足以外の筋肉のストレッチを少しして、その後、ぬるま湯のお風呂に長時間入ってリラックスをすることにしています。ストレスを溜めるのもダイエットには大敵です。以上の事を実践してから体重、体脂肪とも理想の数値を維持しています。

下半身を重点にダイエット

下半身に肉がつきやすく困っています。特にお尻と、腰回り、太ももです。日頃座っていることが多いのと、遺伝も関係あるのかお尻はなかなか小さくならないので、履きたいボトムがあって、試着してもピチピチで履けないときがたくさんあります。下半身痩せするためには体全体の体重から落とさないと痩せないと聞いたので、今は週に2~3回、30分~1時間ぐらいジョギングしたり歩いたりしてます。朝、ご飯を食べる前に走ると脂肪が燃焼されやすいと思います。筋肉がつくと太くなってしまうので毎日は走りません。お尻はお尻歩きやストレッチ、軽いスクワットなどを下半身を重点に毎日しています。他の運動で言うと、水泳も全身を使うので効果的だと思います。水泳を何ヵ月か習っていたときに体が引き締まっていたので。食事は炭水化物の量を調整しています。朝、昼に普通の量を食べて夜は少し減らすという方法です。全く食べないのは身体に良くないのでこの方法を実践しています。歯の矯正をし始めたときに歯の痛みからほとんど豆腐など柔らかいものだけで炭水化物が食べられなかったときに、体重が減ったので量を減らすのは効果はあると思います。豆腐、納豆、野菜スープなどを毎日摂るようにしています。朝起きたときに白湯や緑茶など温かい飲み物を飲むようにしています。代謝が上がって脂肪が燃焼されている気がします。腰回りは骨盤を回したりしています。太ももはリンパドレナージュというリンパの流れを良くするマッサージを毎日すると太ももが細くなってきている気がします。やはり毎日やることに意味があるようです。ふくらはぎは爪先歩きをすると程よく細くなります。

ダイエットは体質を見極めるのが大事

子供の頃、親から「ちゃんと食べないと大人になったとき大変よ」と聞かされ、スナック菓子軽く一袋ペロッと食べるような子供でした。そんなわけで貧血で倒れるとかそういう事もなくそれなりに肉付きのいい体格ではあったのですがとある洋服メーカーの可愛い服が着られなかったのが思春期にありがちな欠点でした。それでも育ち盛りというのもあってすぐお腹が空くのでスナック菓子とかおやつなのにジャガイモをふかしてつぶしてマヨネーズを混ぜたのを食べて・・・お菓子と呼ぶにはちょっと、というかもはや戦時中じゃないかと突っ込みたくなるようなおやつでした。
20歳過ぎて精神疾患にかかり、薬の影響で太ってしまい、一時期身長160センチだったのに対して体重が70キロに届くか届かないかの状態になり、「これはヤバイ」とウオーキングを始め、半年で10キロ体重が落ち、さらに筋肉をつけるために最近ではフィットネスに通って運動をするようになりました。30代になっても気に入った服が入らないとか家にある服が入らないと言うのは相変わらずですが、フィットネスに通い始めて背中についてた肉が落ちて筋肉がつき始め、骨格筋も数値が上がり始めて何とかやせたかな?と思ってたら太ももが太くなり始めてGパンから目立つようになってフィットネスに通ったのはいいけどただ一つ失敗をあげるとすると筋肉がつきやすい体質の人間は鍛えるとみるみる腕やら足やらが太くなるということ。子供の頃クラブ活動で運動していたため、食べても運動で消費されてたからダイエットは意識していなかったけど体質によっては運動すれば別の形で太ると言うことを知りました。ダイエットをするときは体質を見極めるのが大事ですよ

朝に気合を入れて動くダイエット

私がいろいろなダイエットを挑戦してきた中で一番効果を感じているのは
朝に気合を入れて動くということです。
ストレッチや筋トレなどやりやすいものでいいと思います。
朝はだるいしなるべく動きたくないですよね。それに気分も乗らないものです。
私が試した中で一番簡単なのはその場で思い切り走る動きをすることです。
限界を感じたらやめるというのを休み休み何回か繰り返します。1回約30秒くらいです。
あとは普通に過ごすことです。
やり始めは朝から疲れるのか、とテンションが下がりますが慣れます。
食事制限より頑張れました。
やはり朝に燃焼をスタートさせるというのがいいのかなと思います。
実際に朝燃焼を高めると一日の脂肪燃焼がUpするというのをテレビで見たことがあります。

ダイエットは続けるのがなかなか難しいですから、いつかやろうと思って
後回しにしてしまいがちです。夏のためにダイエット!と思ったら
もう秋だったということも。結局服でカバーできるとか考えてそのうちに
また太ってしまうことも。

私は食べ物を制限してダイエットするのはすごくつらいです。
なるべくいつもの生活スタイルを維持したまま簡単に痩せたいと思っています。
食べ物を食べるというのは、欲求の一つです。食べ物が太る一番の
原因だと思いますが、食べる幸せをすり減らすのはリバウンドにもつながるでしょう。
なので、心の幸せや安定を保ったままダイエットすることが
体型だけでなく、気持ちも維持していくことができるのかなと思っています。
もちろん、バランスの取れていない食事をすることはよくないですが、
自分の好きなものを食べて、外食に行くことも気にせず
朝のちょっぴりの頑張りを習慣にできたことが自分にぴったりのやり方でした。